メインページ

使命

内容

ニュース

私たちについて

リンク

フォーラム

ユニバーサル宣言に調和のとれた文明 (Harmonious Civilization Universal Declaration)

Global Harmony Association (GHA)

地球調和協会

Since 2005, GHA is an international NGO uniting more 300 members in 48 countries and more than o­ne million participants from the GHA collective members in 80 countries.
GHA Founder and President: Dr. Leo Semashko
Address: 7/4-42 Ho-Shi-Min Street, St. Petersburg, 194356, Russia
Telephone: +7 (812) 513-38-63,
Facsimile: +78125133863
Website: www.peacefromharmony.org
Email: leo.semashko@gmail.com or tacvarthy@yahoo.com



地球調和協会 (GHA)

May 23 to July 22, 2009

======================================================

 

地球調和協会

 

特色, 定義, 必然性,思索

 

宣言の起草者

 

レオ・セマショコ博士, ロシア

エヴァリン・リンネル博士, 世界

レイモン・バチカ教授, 日本

フランソワ・ホータルト教授,ベルギー

エルネト・カーン博士, イスラエル

シャルル・メルシエカ博士, アメリカ

ノール・ジラーニ博士, アメリカ

テレンス・ポープJ博士, アメリカ

ジェームズ T. レニーJ博士, アメリカ

エドワード・ソロコ博士, ベラルーシ

レイ・ウトレーヤ博士, アメリカ

作家ロバート・ウェイヤー, アメリカ

 

16 ヵ国41人裏書人:

FromRussia - 21: LucyAlferova, YuriDorofeev, IvanIvanov, DimitryIvashintsov, VladimirKavtorin, EugeniaKamunina, AlexanderOlshansky, NatalieSidorova, GenrihSkvortsov, SvetlanaVetrova, ValeryGergel, NinaGoncharova, NatalyaPotapova, AlexanderSemashko, AndreiSemashko, PeterSemashko, AndreiSmirnov, NikolayStrelkov, VladimirStrelkov, BasilSmirnov, TatianaTselutina.

Fromothercountries - 20: AdaAharoni, MariaCristinaAzcona, MarthaDeWitt, TholanaChakravarthy, RenatoCorsetti, GuyCrequie, TakisIoannides, TatomirIon-Marius, MariamKhan, DimitrisP. Kraniotis, RoseLord, FranciscoMatos, KaeMorii, Matjaž Mulej, SusanaRoberts, MaitreyeeRoy, BernardScott, AlexeyStakhov, JiangYimin, TakiYuriko.

 

The co-authors and endorsers lists are opened for joining at the moment of an official recognition of the Declaration

Everyone who makes the amendments to Declaration for public discussion is recognized as the co-author

 

The Project publication:

    Russian

    English

    Spanish

    French

    Romanian

    Japanese

前文

私たち、署名した国家、政府、独立した国際機関の長は、必要であると考えます。:

  • 時代遅れの工業文明(産業中心主義)を置き換えるための人類、その基本的象徴、そして科学的考えを換えるために、ひとつの調和文明(調和主義)を明らかにすること。;
  • 軍事力競争、戦争、そして人類を自滅させる核の脅威において、特に、世界のあらゆる国が見つけた表現のなかで、自発的な地球武装の、20世紀と21世紀初頭の工業文明の基本的象徴を明らかにすること。;
  • 地球問題の解決と人類の生存を損なう、莫大な資金の有害な支出による戦争と軍事力の競争を認めること。;
  • 戦争と武力競争の終わりが科学的理解と地球の調和を考えることに基づく調和の意識的創造をおくことができることを理解すること。;
  • 人類が工業文明から調和文明への変革として、200941日ロンドンでのオバマ大統領とメドベーチェフ大統領の共同声明に宣言されたように、その意識的な核軍縮を始めとして、人類の歴史のなかに地球調和の新しい時代をつくることを認めること。;
  • 調和的な文明の基本的象徴を明らかにすること。: 意識的な地球的核軍縮, それは、核軍縮とともに始まり、あらゆる領域と社会的な世界の国々の調和の地球の過程に、人類のあらゆる資源を転換すること。;
  • 軍縮に同意することは、調和文明の過程であり、工業文明ではないことに同意すること。

 

私たち、署名した国家、政府、独立した国際協会の長は、意識的な軍縮の事実に関連して、地球の

人々に、この宣言が、次の主題と一致して地球調和の科学的な広範囲にわたる説明の最初の試みとして、地球の人々に、この宣言を申し出ることを必要と考えます。:

  • 調和は、宇宙の --- 神聖で、自然な、社会的、個人的な --- 法則であり秩序です。それは、普遍的ダイナミックな多様性の均衡に見られ、創造のあらゆる形態のなかにいる人々によって啓発されなくてはなりませんし、あるいは、潜在意識のレベルで直感的に、調和のために意識的な選択を与えながら、科学の認識を交換することに基づいて意識します。;
  • 調和は、発展を支えるのに必要な状態です。: 自然のなかで、環境を破壊することなく自然を維持することは、さまざまな要因のなかで、本来備わっているものであり、その調和は、調和文明のなかで実現しなければならなりません。;
  • 実現された地球の調和は、調和文明の最高の法律であり、世界観です。;
  • 調和文明は、以前の工業文明とは違い、地球調和の科学的理解とその法則に基づいて、

創造され、意識的に発展する。

  • 地球の(社会的な)調和は、世界の生存、繁栄と平和のために、意識的共同的な自己規制と内なる平静です。;
  • 意識的な地球調和の必然性は、地球調和と思索のレベルと質の交換を越えて、また、それなしでは解決できない、人類のグローバリゼーションの本質と地球の問題によって決定される。

 

私たち、国家、政府、独立した国際機関の長は、認める必要を考えます。:

  • 優先として、ひとつの調和的な文明のために、地球調和の宇宙の科学認識の統合と重要な強調;
  • 8つの2000年ミレニアム国連開発目標のいかなるものも、意識的な地球調和のなかに根ざした世界観、教育、持続可能な発展がなければ、達成されません。;
  • 21世紀のひとつの調和文明のなかで、地球的な一歩一歩前進していくグローバリゼーションの維持。;
  • さまざまな国のなかでのひとつの調和文明の多文化主義、文化様式の多様性、政治の民主主義の道。;
  • 人類の、社会的、道徳的、政治的、経済的、環境保護の認識での、ひとつの調和文明の意識的な調和の一致
  • 調和文明の関心と地球調和に基づく地球の安全のひとつの優先として、国民の関心と安全に、完全に合致すること。

 

私たち、署名した国家、政府、独立した国際機関の長は、実現する必要を考えます。:

  • ひとつの地球文明の意識的誕生の最初の世界の証明として、この宣言の重要な意義;
  • 共有価値宣言、あるいは、地球憲法としての一般条項は、人権宣言とともに、人類の調和的な文明の意識的構成に基づく知的、規範的基礎をつくる。

 

私たち、署名した国家、政府、独立した国際機関の長は、与えられた宣言の次の組織に同意する必要を考えます。:

  • 前文: 使命、必要条件、宣言の役割の定義;
  • 一般条: 調和の文明と地球の調和の基本概念と主要な思索;
  • 特別条項: この宣言の実践的実現の目的、規範、要求の定義;
  • 結論: 宣言の実現化のための組織的、技術的様相の定義

 

一般条項

 

私たち、署名した国家、政府、独立した国際機関の長は、次の基本的理念を通した地球問題の決意に対し、地球文明の調和的考えの科学的方法論を明らかにする必要を考えます。:

  1. 貧困、雇用不安、移民などの地球問題とともにエネルギー、食糧、気候、経済の今日の危機の収束;
  2. 成長、発展、繁栄、文明、安全のまた新たな定義の必要.
  3. 調和的な文明は、地球調和の科学的情報と情報技術の優先の情報源に属する典型的な役割のなかの情報文明(情報化社会)です。
  4. 地球問題と現代の危機に関わる重要な思索は、アインシュタインの思想:問題は、それを創った思考と同じレベルによって解くことはできない。」
  5. 思索の新しいレベルと質は、調和的な思考の方法論です。
  6. 調和的な思考の方法論は、科学と科学の調和の価値によって定義される。
  7. 社会調和の科学は、新しい社会概念の体系のなかで具体化され、それは、4つの中心的概念から派生されたものです。:
    1. 「人類の生産、地球の雇用領域(枝派の複雑さ): 社会的 (社会領域), 情報 (情報領域), 組織的 (組織領域) そして経済的 (技術領域), それは、絶えず必要かつ十分な資源を生産する。:すべてのレベルで人々、情報、組織(機関)ものごと。:惑星的(地球的)、地域的、国家的、地域的。;
    2. これらの領域と「人口の領域階級」の名称で、従事する地球的集団。社会階級、情報階級、組織階級、技術階。それらは、すべてのレベルで、生産的な領域とともに、広い化学的認識のために、21世紀の人類の主な革新的な道になるあらゆる国で用いられるために、

       深い社会構造をつくる地球調和の活動です。;

    1. 自然法のなかで、「地球の調和」は、あらゆるレベルの活動によって、生産領域と領域階級によって定義されます。;
    2. 地球調和の意識を与える「こどもたちからの地球の調和教育」は、すべてのレベルで無意識の調和活動から意識的活動のなかに、領域階級を伝えます。地球の調和の、より詳細な科学理解は、2007年の「調和の大憲章」に表されています。

: http://www.peacefromharmony.org/?cat=en_c&key=3).

  1. 社会的な世界(文明)の組織のパラメーターや特質は、資源、過程、構成(領域と領域階級)と国家です。工業文明のなかでは、あまり知られてないので、自発的、非抑制的、非調和的です。調和文明のなかでは、それらは、優先的な科学認識の主題になるので、実現され、指揮され、調和的になります。こうしたパラメーターや特質に実際に表われた特徴は、科学情報の交換とともに、ひとつの調和文明の優先目標になります。

 

  1. 調和の思索方法を実現するための基本的手段。:
    1. 地球領域の統計値、あらゆるレベルで生産領域と領域階級の調和の測量を量的に明らかにする、地球領域の統計値、数学と情報技術の一致。:

http://www.peacefromharmony.org/?cat=en_c&key=176.

    1. 地球調和意識を創る普遍的な調和教育、それは、21世紀の意識的な調和と、調和文明の建設の過程のあらゆる問題解決へ、統合され、強化された方策を与えます。: http://www.peacefromharmony.org/?cat=en_c&key=277.
    2. 人口領域階級(男女、青年と老人も)のなかで公平に分けられた立法、行政の権力の構築。それは、調和的な手段のなかに国家と民主主義を伝えている調和的な多様な政党システムを創ります。:

http://www.peacefromharmony.org/?cat=en_c&key=368.

    1. 経済の考察、経済と市場、そして、それらの社会的関心への合意を基本として、地球が保有する通貨「Harmon」。一つ、あるいはいくつかの国際的な場で、地域的な通貨として、世界通貨「Harmon」が使われることを優先。:

http://peacefromharmony.org/?cat=en_c&key=367.

10.ひとつの調和文明の重要な構築のなかで、社会の優先は、こどもたちにあり、すべての社会集団の優良性を定義する本質です。こどもたちとともに、社会の優先は、すべてにおいて、母親と女性にあります。ひとつの調和的な民主主義のなかで、こどもたちの優先は、こどもたちの同意によって与えられ、親によって、先ず母親によって、実行されます。:

http://www.peacefromharmony.org/?cat=en_c&key=211.

 

  1. 調和は、世界のあらゆる民族を統合する価値であり、あらゆる文化と宗教の認識です。
  2. グローバリゼーションの叙事詩のなかで、調和の価値の優先は、それ自身と、自由、平等、友愛、人権、正義、良識、などの社会的価値のなかで、本質的な提携に基づいて掲げられます。
  3. ひとつの工業文明の二つの基本形態、資本主義と社会主義は、経済優先に基づいた社会的価値の実現の究極の形態を与えました。資本主義と社会主義は、どちらも、それらが尊重する社会価値の現実のなかに、欠乏と病理に寄与しながら、有利と不利を持ちます。調和的な文明は、調和の価値の優先に基づく地球問題の解決のために、その社会的病理を追放しながら、その有利と達成を保ちながら、資本主義、社会主義のどちらにも、積極的な代案です。
  4. 調和の価値の優先は、核戦争や、不治の汚職、犯罪、民衆の消極的関心のなかで堕落した経済、財政、政策、エコロジー、意識、道徳、教育、マスメディア、国家と他の組織の体制の危機のなかで、自滅の自由へ駆り立てられた人間性を、自由の価値の優先に置き換えます。
  5. 調和の価値と科学的概念は、除外することなく、基本と意味を一致して、互いのために活動し、互いに補い強化します。
  6. その国の各調和的な状況を考える範例の適応と配分のために:

·国と地域レベルで、人口の、領域と領域階級の原動力の、不変の科学的研究を組織すること。

·情報技術と合致しながら、ともに領域と領域階級のために、領域の指標の統計値に入れること。

·普遍的調和教育の方向のなかでの教育システムの変革

·国の機関の構成と民主主義の調和; そして

·産業、消費、貧困、富裕など経済構造の調和

  1. 世界の各国は、その文化的な歴史のなかで、調和の達成を持つでしょうし、他の国々と同様に価値があります。
  2. 調和は、シンガポール、マレーシア、チュニジア、カザフスタン、中国、そして数々の他の国で主要な国家の政策になりました。それは、ヨーロッパ連合のなかで、主要な地域の政策です。それは、今、核軍縮に、イスラム世界との関係に、主要な地球の政策になっています。それは、調和のグローバリゼーションの現代の叙事詩の必然的な傾向です。
  3. 地球の調和は、次の状態で可能です。: (1) 人類のあらゆる多様性の保持 (2) 国民の興味の意識的な (協調と関心の) 自己規制と資源の運用, 地球調和の要求と規範に一致するあらゆる本質のもと。

 

  1. 地球の調和は:

·その運動の永久的な過程以外の達成できない、最終的な結果ではありません。

·あらゆる領域と領域分野で実現された流派と協調の究明。

·戦争や軍事衝突を防ぐために、武器を一掃するために、最も効果的で確実な道。

·人権と人間の尊厳の屈辱を防止するために、最も充足した効果的な方法

·分離主義と、異教徒間や異なる倫理観の敵対に最も力強いもうひとつの方法。

  1. 工業文明の思索と哲学は、非調和的です。なぜなら、国民の産業と経済、集団と組織の一致の非調和的な流派によって定義され、それは、異なる国々になかでさまざまです。基本的に、非調和的な思索と状態は、地球問題を解決したり、暴力と敵対を防いだりすることができ、持続的に生み出します。
  2. ひとつの調和文明の思索と哲学は、地球の産業と管理、一致した階級と組織の調和的領域によって定義されるので、調和的で、あらゆる国に適合します。それで、基本的に、調和を考える領域と地位は、どんな地球の問題も解決することができ、すべての国に不滅の平和を与えます。

 

特別条項

 

私たち、署名した国家、政府、独立した国際機関の長は、調和のグローバリゼーションの次の優先事項のなかで、この宣言の遂行上、義務を果たす必要を考えます。:

1.それに関連した調和の科学と情報技術;

2.地球調和の意識を与える普遍的な調和教育;

3.人口に対する調和活動の大きな組織;

4.調和的な健康、癒し、妊娠中絶の除外;

5.学校、学会、病院、サービスセンター、その他、調和の特別施設;

6.人生、思索、行為の調和様式;

7.マスメディアの調和;

8.民主主義、法律、政策、管理と組織的な機関;

9.エスペラント語と英語の国際的な二ヶ国語言語による言語的な調和;

10.経済、市場、生産、消費、供給、需要、の調和;

11.毎年の世界的、国際的調和祭;

12.国際関係と世界の多極的な秩序の調和;

13.世界の調和的な時代の暦;

14.地球の調和の重要性として、国民のなかの調和的な平和

すべて耳を傾ける実践的な方策は、あらゆるレベルで地球の調和の一致した計画を通して、充足される。世界、地域、国民、地域。そこから、核廃絶と平和計画は、最も大切です。

 

私たち、署名した国家、政府、独立した国際機関の長は、関係を調和するために、普遍的綱領として、この宣言を実現する必要を考えます。:

15.ひとつの国民の国家: 中国と台湾、韓国と北朝鮮など;

16.地域的な組織の国々: ヨーロッパ連合、イギリス連邦、上海協力機構、アメリカ機構協会、アフリカ連合、イスラム世界連盟他、また、地域協会など;

17.西側諸国とイスラム教世界、北と南;

18.紛争国: イスラエルパレスチナとイラン, インドパキスタン他;

19.G8, G20, G30 と他の国;

20.国連加盟国;

21.さまざまな地域紛争; そして

22.各国の政党

 

結論

私たち、署名した国家、政府、独立した国際機関の長は、次の規範のなかに調和文明世界宣言の序文、批准、同意の決定を明らかにする必要を考えます。:

·宣言はアメリカ政府とロシア政府によって作られます。

·宣言は、アメリカ議会とロシア議会で批准された後、効力を発揮します。

·宣言は、政府のなかで、そして地域的な組織で批准されるために、世界のあらゆる国々に公開されます。

·宣言の改正は、宣言に参加したあらゆる国々の議会で批准されます。

·批准の後、宣言は、国家、政府と、国や国際機関の地域組織の長によって承諾されます。

·国際的な公共と地域の協会は、その唱道を通して宣言に参加し、国家と世界の市民社会の協力を指導していきます。

署名:

国家及び政府の長:

国際組織の指導者たち:

アメリカ合衆国大統領: …

地球調和協会, 会長レオ・セマショコ博士

ロシア連邦大統領: …

世界平和のための国際教育者協会会長、シャルル・メルシエカ

中華人民共和国首相: …

世界エスペラント協会会長、レナト・コルセッティ教授

その他

平和の文学と文化の国際フォーラム、アダ・アハロニ博士

 

その他

 

.この条約の草稿は、アメリカとロシアで批准され、公式な活動を始めるまで、GHAの中の年間討議と新しい編集の手続きを認める。

 

Copyright © 2009 Global Harmony Association

Copyright © 2009 Leo Semashko

Translated by Kae Morii: October 15, 2009



Up
© Website author: Leo Semashko, 2005; © designed by Roman Snitko, 2005